闇を照らす光

たまもりくん

アイドルになった日

 

12月1日 今日は記念日。

 

「入所」っていう言葉に少なからず違和感を覚えつつ、また今年もこの日がやってきました。

 

 

 

2002年12月1日

玉森くんが黄色のパーカーを着て

鏡の目の前で涙を流しながら踊った日

この世界に入ってきてくれた日

玉森くんがジャニーズとして、

Kis-My-Ft2として、

アイドルとして最初の一歩を踏み出した記念すべき大切な日

 

 

きっとファンが盛大に盛り上がっているだけであんまり本人は気にも留めてないかもしれないけれど、どうか今の気持ちを記録として残しておきたいのでお付き合いください

 

 

 

 

 

意識なんてあまりしなかった

 

ただオーディション当日に

黄色のパーカーを着ていたってことを

鮮明に覚えていて話してくれる

 

それだけで充分

 

 

 

友達と釣りの約束をしていた玉森くん

それでも車に無理やり押し込みNHKに連れて行った玉森くんのお母さんとお父さんにはなんとお礼をしたらいいのやら、、、

 

 

 

最初こそ嫌々だったけど、

いつしか腹を括りこの道で生きていくことを決めてくれた玉森くん

 

ありがとう、

 

今日は誰よりもファンが一番玉森くんに感謝を伝えたい日

 

 

 

 

記念日はいくつもある

 

生まれた日

 

グループ結成記念日

 

デビュー日とか…

 

 

けどその中でもこうして出会うことのできる存在になってくれた最も大切な日が今日だと思う

 

普通の人として生きていくことを決めていたらこんなにかっこよくてもわたしは玉森くんの存在を知らずに、ジャニーズなんて興味もなくただ平然と生活していたと思う

 

 

 

「ジャニーズになっていなかったら?」

『社長になってたと思う』

 

今でこそそんなことを笑いながら話す玉森くん

 

有り得なくもない

 

玉森くんには常に人を惹きつける魅力がたくさんあるから

 

それが世に出てこうしてアイドルとして生きてくれてありがとうって思う

 

 

名前を出していいか分からないけれど、

今のSMAPさんやKAT-TUNさんを見ていると、当たり前は当たり前でないと気付かされる

 

いつ我が身にふりかかるかなんてわからないし、当事者じゃないわたしから語られる言葉なんて聞きたくもないと思う

 

それでも担当マネージャーが退社し、派閥がなくなった今、わたしが玉森くんを好きでいる限り玉森くんにしてあげられることはしようと思った

 

 

 

 

 

去年の玉森くんのお誕生日の日にひとつ決意をした。独占欲が強いから同担拒否を貫き通してきたけど、こんなにかっこいいのだから多くのファンがいるのは当然だと…それも玉森くんの魅力だと…

 

 

 

それから約一年、

私はあるブログに出逢いました

某担当の方のブログだったんですが、あまりにも担当様への愛が詰まっていて思わず羨ましいとさえ思った。愛される担当さんは幸せだと…わたしも玉森くんにそんな気持ちを味わわせてあげたい。ひとつひとつのことが玉森くんの次に繋がるのであれば、わたしはその架け橋になりたいと

 

 

少ないフォロワーさんだけど、

私にとっては大切な人ばかり

 

玉森くん=わたし

 

と思ってくれてるフォロワーさんに玉森くんの魅力を、わたしの好きな人をもっと知ってもらいたいと思うようになった

 

 

素敵な人なんです

 

出会えて本当によかったと心から思える人です

 

今日という日をまた来年もお祝いできる関係でいられますように…

 

 

 

玉森くんおめでとう、

 

 

 

そして …

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとう